花街

18歳未満の方は閲覧できません。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


yss-002

YSS-002 男と魔女の口

魔女 「チロ……。」

期待に膨らむペニスの先端がヌメっとした液体で濡れてきた。

魔女 「あむぅ……んっんっ! ぁん! んぅ!」

魔女 「ん……ちゅ……ちゅ……じゅる……」

魔女はより深く男のペニスを飲み込み、喉の奥を使って亀頭を刺激し始めた。これから本気を出すという合図だ。

魔女は指の先で、男の乳首を優しく撫でまわす。細やかな快感が男の脳内を駆け巡る。

魔女 「んっ……ご主人様……気持ちいいでひゅか? うふっ……はぐっ……れろれろれろ……ちゅく……じゅぷぷぷ……こくり……んはぁ、んふふふ……。」

魔女 「んっ……んっ……きもひひーれすか?」

魔女 「ご主人様のペニス……しゅき……。」

魔女 「んっ……んっ……んふ!。」

魔女の舌が竿の根本から亀頭まで何度も何度もを往復する。

魔女 「我慢してください。あむ……んっ……ちゅ……ちゅる……ちゅぷぷぷ……じゅる、ぺろ……んんんっ……。」

魔女 「ふうぅん……んっ……あふっ……く、んっ……んっ……んんんっ!」

魔女 「(凄い……ご主人様のおちんちんが、口の中でビクビクって……。)」

魔女 「あっ……カウパーが……出てきてます……。」

突然押し寄せた巨大な快感に、俺のペニスはおもいっきり精液を吐き出してしまった。

どくっ、どくっ……どくん。精液が止めどなく溢れ出る。

魔女 「苦い……です。んんっ……ちゅる……れろっ……こくっ……んふぁっ……あぁぁ、この味、すきです。んっふ、もっとください。ちゅる、ちゅるり。」

魔女 「ングッ……ンっ!プハッ!けほっ! けほっ!」

彼女は俺の精液を一滴も漏らすまいと舐めとってみせた。

恍惚に濡れる瞳で男を見つめながら、魔女は唇の端に垂れていた精液を舌で舐めとってそのまま飲み込んだ。

(おしまい)

yss-002.txt · 最終更新: 2019/07/19 01:46 by hanamachi