花街

18歳未満の方は閲覧できません。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


yss-001

YSS-001 魔女と男とパンツ

魔女 「……はい……ちょっと前に……その自分で……それで染みが……」

男 「魔女さんの縞パン、汚しちゃってもいいかな?」

魔女 「さっきからパンツばっかり……中も……その……お願い……します。」

愛撫を止め、少しの間じっくりと視姦していると、魔女がもじもじと身をくねらせて、無言の内に愛撫の再開を要求してきた。

男 「魔女の縞パンだぁ、クンカクンカ……。」

魔女 「やんっ!……いやんいやんっ!……もっと……もっとしてください……。」

魔女は挑発的な視線を俺に送りつつ、ゆっくりとパンツを脱いでいった。

男 「うぅ……魔女さん、魔女さん、魔女さん、魔女さん……。」

男 「魔女さんのパンツ……、き、気持ち良過ぎて……うっ、くっ、くうぅっ!」

魔女 「はい。シーコシコ、シーコシコ、ご主人様はわたくしの縞パンが大ちゅきなんでちゅねー。シーコシコ。」

男 「むぅぅぅ。魔女さんの縞パンが俺のペニスに……。」

魔女がパンツを使って俺のペニスを扱くのを横目にしながら、俺は魔女さんのふとももから付け根にかけて何度も愛撫を繰り返した。

魔女 「そんなにわたくしのパンツが良いんですか? ご主人様、鼻息が凄いことになってます。」

押し寄せる快感の波に抗いきれず、ついに俺は精子をぶちまけた。

突然、圧倒的な快感が襲ってきた。溜まらず精を吐き出す。

どぴゅっ! ぴゅるっ!ぴゅるっ!

魔女 「あっ! いっちゃいましたね! うふふ、ぴゅぴゅって出ちゃいましたね。」

魔女が精液で汚れたパンツで男のペニスを包み、両手でしごき始めると、くちゅくちゅと卑猥な音が響いた。

どくっ! どくどく! どくっ!

ひとしきり落ち着きはしたものの、俺のペニスはまだひくひくと小さく動き続けていた。

魔女 「男、わたくしの下着を汚しちゃった責任を取ってくださいね。はい、あーん!」

おしまい。

yss-001.txt · 最終更新: 2019/07/19 01:45 by hanamachi