花街

18歳未満の方は閲覧できません。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


kcl-009

KCL-009 司令官さん、本日もどうかよろしくお願いいたします。

電「司令官さん、本日もどうかよろしくお願いいたします。」

電「はわわわ、びっくりしたのです! 男さん、どうして服を着ていないのですか?」

司令官「電さん、まことにすまないが今はいているパンティをくれないか。ほい! ぺらりんちょっと」

電「了解なのです!……って、えっ? はわわ! いつの間にか電の下着が司令官さんの手に!?」

電「ウーっ! 男さんはヘンタイさんなのです!」

電「あっ……あの……わたしは、ちょっと用事を思い出したので……失礼しますなのです。」

司令官「ふっ、行かせるかよ!……からの壁ドン!」

電「はわっ!?」

司令官「からの顔近づけてのフレンチキス」

電「……。」

電「……ちゅっ……ちゅっ…。」

司令官「からのディープキッスで電さんの歯の裏まで嘗め回し……」

電「……あむっ……レロ……ぺちょ……んっ……」

司令官「(電さんの唾液……超美味しいぜ。よし、電の顔がいい感じにとろけてきたな)」

司令官「ふふふ。カワイイ顔をポーっと赤く染めて……発情したメスの表情になってきたじゃないか。そろそろ準備はいいようだな。それじゃ今からこのいやらしいおちんぽを電さんのちっちゃい肉壺の中に入れるぞ。」

電「……は……はいなのです……。」

グググ……。

電「!」

司令官「(十分濡れているのに……キ、キツイ……。)」

パンパンッ! パンパンパンッ! パンパンッ!

電「気持ちひぃ! 電はとっても気持ちひぃのれす!」

電「んんっ、あんっ、あんっ、おっ!」

ぬちゃ、ぬちゃ、ぬちゃ、

パチュ、パチュ、

パンパンッ! パンパンパンッ! パンパンッ!

電「あっ! んっ、んっ、んんっ!」

電「ふわぁあ!」

びゅっ! どびゅ! どぴゅっ!

どくっ! どぴゅっ! どぴゅっ! ぴゅるるる!

青臭い汁が次から次へと噴出してくる。

電「はぁ……はぁ……本日も種付けお疲れさまなのです。」

kcl-009.txt · 最終更新: 2019/10/13 08:31 by hanamachi