花街

18歳未満の方は閲覧できません。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


kcl-007

KCL-007 叢雲パンツ

叢雲 「……はぁ……んっ……。」

提督 「叢雲……ここに染みが……こんなに……。」

クロッチの表面を指で押しながら愛撫すると、くちゅくちゅと淫靡な音が聞こえてきた。

叢雲 「……そ、その……ちょっと前に……その自分でし……したから染みが……」

提督 「叢雲の縞パン、汚しちゃってもいいかな?」

叢雲は恥ずかしそうに顔を赤らめながら、ゆっくりとパンツを脱いだ。

叢雲 「はーい。あんたのペニスをシーコシコ、シーコシコ、あんたは私の縞パンが大ちゅきなんでちゅねー。シーコシコ。」

叢雲 「あんた……パンツでそんなに気持ち良くなっちゃうなんて……どれだけ変態なのよ……。」

叢雲がパンツを使って俺のペニスを扱くのを横目にしながら、俺は叢雲のふとももから付け根にかけて何度も愛撫を繰り返した。

提督 「叢雲のパンツ……、き、気持ち良過ぎて……うっ、くっ、くうぅっ!」

叢雲 「これで……こうして扱けば良いの? ふん。いいわ……やってあげる!」

提督 「ダメだっ! 出るっ!」

どぴゅっ! ぴゅるるっ!

叢雲 「きゃっ!」

突然、圧倒的な快感が襲ってきた。溜まらず精を吐き出す。

どぴゅっ! ぴゅるるるるぅ……。

叢雲 「あんた、こんなので射精するなんてとんでもない変態よね!」

叢雲 「うふふ。こんなにたくさん出しちゃって……これで満足した?」

叢雲の淫靡な視線に、目眩のするような興奮を覚えた俺は、自分のペニスからまた精液をどろりと溢れ出させた。

叢雲 「はい。これがあんたが大好きな私のパンツよ。ちゃんと味わいなさい。」

kcl-007.txt · 最終更新: 2019/07/22 00:00 by hanamachi